Loading

最近国内観光スポットとしても人気の高い廃墟スポットですが、今回は数々の廃墟スポットが存在する北海道の中でオススメの廃墟をご紹介します!
心霊スポットとしても知られる廃墟から、ノスタルジーで不思議な雰囲気が味わえる廃墟まで、様々なタイプのスポットをご紹介していくので、ぜひ廃墟好きな人はこちらを参考に北海道旅行へ出かけてみてはいかがでしょうか?

雷電温泉郷

ホラーゲームとして有名な「SIREN」は古くから残る不気味な村が舞台となっていますが、そんなホラーゲームに出てきそうな街が、北海道にも存在します。

それが、雷電温泉郷です。
温泉郷というだけあってかつては人で賑わっていたそうなのですが、今は廃墟が建ち並ぶ廃村となってしまっています。
特に、ホテル雷電という建物は昭和の名残りが見られ、窓ガラスが割れている様子などは廃墟好きにもたまらないのではないでしょうか?

ちなみに、雷電温泉郷には実は廃墟ばかりではなく1軒だけ旅館が存在しており、宿泊することが可能です。
小さな宿ではありますが、リーズナブルで日帰り入浴もできることから、訪れる人も少なくありません。
廃墟を見るのはもちろん、廃墟を見た後に貴重な雷電温泉郷の温泉に入ってみてはいかがでしょうか?

南部青葉町の廃墟通り

かつて財政破綻をしてしまった夕張市は、今では徐々に活気を取り戻しつつあるものの、未だ廃墟してしまった建物が残った状態のところもあります。

中でもシューパロダム付近にある南部青葉町には、ダムの近くまで行くと空き家がとても多く、廃墟通りと化しています。
また、80年代に保険金目当てで放火殺人を犯した夫婦が利用していた事務所兼自宅の建物も壊されずにひっそりと残っています。
南部青葉町自体には人も住んでいるので、もし廃墟スポットで訪れる時は周りに住んでいる人の迷惑にならないよう、気を付けましょう。

雄別炭鉱病院

道内でも知る人ぞ知る廃病院で、元々は雄別炭鉱に勤める人や住民が利用していましたが、炭鉱が閉山して以降、病院はその場に取り残されてしまいました。

周りには木々が生い茂っており、室内は外が明るくてもどこか仄暗さを感じます。
心霊スポットというよりも、廃墟好きに人気のスポットです。
ただし、付近にはヒグマが生息しているため、クマ対策を十分に行なっていない状態で廃病院に近づくのは大変危険です。

雄別炭鉱病院内部より #雄別炭鉱病院 #廃墟

翳~kage~さん(@kage1257)がシェアした投稿 –

おわりに

廃墟好きにはたまらないスポットをご紹介してきましたが、いずれも近づく際には注意が必要です。
不用意に足を踏み入れてしまうとガラスでケガをしたり、クマに襲われてしまったりする場合もあるので気を付けましょう。

Top